人工毛植毛とその特徴

###Site Name###

薄毛などの改善方法の1つに植毛があります。
植毛には人工毛を使ったものと自毛を使ったものがあり、どちらも施術を行って薄毛が気になる部分に毛を移植すると言うものです。人工毛はナイロンなどで作られた髪の毛を移植します。



ヘアサイクルなどに依存することがないので、施術後すぐに髪の毛が増えたことを実感することができるのが大きな特徴です。

また一度にたくさんの毛を移植することも可能であるため1回の施術で思い通りのヘアスタイルを実現することもできます。

そのため即効性を重視するのであれば、人工毛植毛を選択するのが良いでしょう。



また人工毛を使う場合には後頭部や側頭部の自分の健康な髪の毛を採取して行いますが、自分の髪の毛が少ないと言った場合には思うような効果を得ることができないこともあります。

そういった場合にも人工毛植毛のほうが良いです。人工毛は見た目も本物そっくりに作られているものが多く、見た目の違和感は少ないものが多いです。ただし人工毛は自分の体から見ると異物です。そのため移植後に生体反応を起こして移植した部分が赤く腫れたり、皮膚が炎症を起こすこともありますし、移植した髪が抜け落ちてしまうこともあります。



ボリュームが少なくなったりすると、再度施術を受けなくてはいけないこともあります。

また人工毛は自毛と違って成長することがありません。

そのため他の髪の毛が成長しても人工毛はそのままの長さですから、散髪は専門のところやその点を踏まえて散髪してくれるところに行かなくてはいけません。

また人工毛には寿命があるので定期的に植毛を行う必要があることも理解しておかなくてはいけません。